犬アイコンが黒猫と過ごします

犬アイコンで長年SNSをやってるegakuが黒猫を飼いました。少しでも多くの人が癒やされますよ~に。

歴代のネコトイレたち

f:id:egaku:20170208015403j:image

ちわっす。久々のこのブログ更新。

 

さてさて、猫飼いさんたちの苦労に「トイレの砂散らかし」があるのは言わずもがな。

うちも同じです。

 

で、シグマがきてから、2ヶ月で3回もトイレを変えてトライしましたよ。

 

そんな歴代の猫トイレをご紹介。

1代目→普通のトイレ

 

リッチェル コロル ネコトイレ 48 オレンジ

リッチェル コロル ネコトイレ 48 オレンジ

 

 超ド、ノーマル。

元々野良猫を保護してた時に使ってたやつです。

メリットは、どんなサイズの猫がきても、たいてい上がオープン型であれば対応可能。

デメリットは、超!砂が飛ぶ。

シグマみたいに、ウンコの後はジャバジャバ砂をかくタイプは、中身無くなるレベルで砂が飛び出します。

 

と、言うことで、1代目は3日で切り替える羽目に。。。

2代目→上から入るよ!

 

私の大好きアイリスオーヤマの商品。

砂が飛び散らない、匂いも広がらない、ということを期待して購入。

(豆知識:ウンコなど臭い匂いは下に溜まるので、上からでない)

 

結果、ジャバジャバやられても砂はトイレから出ることはなくなりました。

匂いもアイリスオーヤマ先生のケースはこびりつくこともなくスッキリ。

 

が、しかーし!!!

足についた砂は、蓋の溝では取れませんでした…orz

シグマがデカイ猫だからなのか、じゃんじゃんバリバリ足につけたままトイレから出てきて、外で足プルプル。

 

しゃーないのかなーと耐えてたとこに出会ったのが…

3代目→Jsoul…じゃなくて網目の蓋!

 

リッチェル コロル 砂取りネコトイレ パープル
 

 中の広さ的にはアイリスオーヤマ先生の2代目の方が少し広いです。

5.7kgのシグマはギリ、通れる出入り口。

 

これのメリットは蓋部分が1センチ角の網目になってること!

だから、トイレから出てくると、こう!!

f:id:egaku:20170208020616j:image

f:id:egaku:20170208015403j:image

f:id:egaku:20170208020651j:image

わかります?しっかり肉球開いて上がるので、自然と落ちるわけですよ。

しかも、出てくる方向が一定なので、足プルプルタイミングの方向に砂飛び散りガードの壁を作れば完璧!

 

もちろん、多少、肉球の間に残った砂たちは通路にポツポツ残りますが、まぁそれくらいは許容です。

 

このトイレにして、格段に砂の処理が楽になりました!!!!

 

ってことで、歴代の猫トイレたちでした。